資料請求
お問い合わせ

家族みんなが満足する二世帯住宅を建てるためのポイント

宇都宮市で二世帯住宅づくり

家族の構成は、徐々に移り変わっていくものです。そのなかで、二世帯住宅を検討しているご家庭も多くなってきています。
ただ、通常の家づくりとは違った気遣いが必要なのが「二世帯住宅」。
二世帯住宅という言葉は知られていても、、実情があまり知られていないでしょう。
その実情を知らないで二世帯住宅づくりを進めてしまうと、実際に住み始めてから後悔することになりかねません。
ここでは、「二世帯住宅とは何か」についてご説明しながら、二世帯住宅の種類をご紹介いたします。

二世帯住宅とは?

宇都宮市で二世帯住宅とは?

二世帯住宅の場合、若夫婦と、どちらかの親族が一緒に住むことになります。
実際には「ご夫婦と両親族まで一緒に住む、三世帯住宅」というパターンもありました。
なぜ、今の時代に二世帯住宅がこれだけ人気があるのでしょうか?

  • 家族で仲良く暮らしていきたい
  • 経済的に余裕のある家になりやすい
  • 子育てをする人の手が多い
  • 常に誰かが家にいることが多く、防犯にもなる

など、二世帯住宅には多くのメリットがあるからです。

しかし、その環境は他人が一緒に住む感覚に近いと言っても過言ではありません。
なかには、「親と折り合いがつかない若夫婦」が、せっかく建てた家から出ていく、というケースもあります。
このようなことがないように、エスホームでは「2世帯住宅のための家族つくり」からご説明させていただいています。
「二世帯住宅のための家族つくり」をすることで、デザインを超えた2世帯住宅をつくることができるようになるのです。

二世帯住宅 タイプ別のメリットとデメリット

宇都宮市の二世帯住宅タイプ①完全同居
完全同居タイプ

完全同居タイプとは、一軒の家を全世帯で使うタイプです。玄関はもちろん、お風呂や水回り、トイレなどもすべて共有する形であり、子世代と親世代のプライベート空間は基本的に「それぞれの部屋」だけとなります。あるいは、「親世代は自分の部屋を持たない」などの形がとられる場合もあります。
完全同居タイプの二世帯住宅は、若夫婦とお母様が住む場合に人気があります。
面積は40坪程度です。

メリット

ひとつの水回りを共有するため、大きな家にはなりにくいので、比較的安価で家を建てる(もしくは改築する)ことができます。特に、水回りのように特別な工事が必要となる部分の工賃を削減できるのは、大きな魅力です。

デメリット

完全同居タイプでは、生活の中で親世代と子世代が、とても密に関わりあうことになります。するとプライバシーの確保が難しいだけでなく、「残業から帰ってくる足音で目が覚める」「自分たちは早起きだが、子世代は遅く起きる。起こさないかと気を使う」といったような悩みを抱えることも、あるかもしれません。

宇都宮市の二世帯住宅タイプ②部分共有
部分共有タイプ

部分共有タイプとは、一軒の家のうち、いくつかの設備を共有するタイプをいいます。
たとえば「玄関とお風呂は一緒だが、台所は別々」「玄関は分けるが、台所とトイレは一緒」といったように、共有する設備と共有しない設備を分けます。
人気なのは「台所はそれぞれの生活スタイルに合わせてつくり、玄関とお風呂は共有する」タイプです。
面積は50坪ほどになります。

メリット

自分たちのライフスタイルに合わせて「共有するべきところと、共有しないところ」を分けられるのがメリットです。自由度が比較的高いうえ、お互いの「大変さ」を適度に共有できるため、「大変なときは助け合う」などのかたちがとりやすいのも魅力です。
若い奥様の中には、洗濯を一緒にするのが気になる方もいらっしゃいます。このような細かい点を別々にできるのも良いですね。

デメリット

完全同居タイプよりも費用がかかることがあり、完全分離タイプよりもプライバシーの保護が難しいのがデメリットです。また、「どの設備を共有するか」について、家族内で話し合うことも必須です。

宇都宮市の二世帯住宅タイプ③完全分離
完全分離タイプ

完全分離タイプは、「建物は一緒だが、生活の基本は別々にする」というやり方です。玄関やお風呂、台所やトイレなども基本的に分ける形をとります。同じ敷地内に、親世帯と子世帯のお家を建てることも多くなりました。
1階部分と2階部分で分ける場合は、1階を通らずに2階に上がれるように外階段が設けられる場合もあります。また、横に2軒並べる場合は、廊下や庭で行き来できるようにしているケースもあります。
ご両親が心配だけれど、一緒に住むのは気が引ける・・・という方にオススメです。お互いの区域を1つのドアでつなげておくと便利です。
面積は約60坪、またはそれ以上になることも珍しくありません。

メリット

共有しているお家を行き来はできるものの、「それぞれの区域」での生活が基本となるためプライバシーが確保できるのが魅力です。また、生活リズムが違ってもあまり気にならないため、ストレスなく過ごせるでしょう。

デメリット

ここでご紹介している二世帯住宅のなかで、もっとも建設費用がかかるのが完全分離タイプです。敷地が狭いところで建ててしまうと、一つひとつの部屋が小さくなってしまうなどの問題点もあります。
また、「2階と1階で世帯を分ける」場合、2階から出る騒音が響きやすいというデメリットもあります。

エスホームは家族全員が納得するプランをご提示します

宇都宮市の二世帯住宅プラン

二世帯住宅を検討する際に、まず考えておきたいのは、「だれか1人に負担がかかることにならないか」という点です。
一緒に暮らしていくことで得られる、さまざまな喜びや楽しさはあります。しかし同時に、別々に暮らしていたときには出てこなかった問題が出てくることもあります。特に、
「1人だけ不満に思っている人がいたが、押し切った」
「1人に大きな負担がかかっている」
という場合は、このような問題は起こりやすくなるでしょう。
そのため、二世帯住宅を作る際には、家族全員が納得したうえでプランを組むことが重要です。
エスホームでは、これまでの経験をふまえ、ご家族みなさまがストレスなく健やかに過ごせる二世帯住宅づくりのプランを提案させていただきます。