資料請求
お問い合わせ

断熱性能はコストを考えなければ意味はありません!

宇都宮市の注文住宅の断熱性能コスト

「高気密高断熱」とは、断熱性が高く、気密性が高い家を指します。このため、家の中の温かい(あるいは冷たい)空気が外に逃げにくくなっています。
また、それを示す数値として、「UA値」があります。
ここでは、栃木県の気候に適した高気密高断熱の家づくりについてご説明します。

栃木県に適した高気密高断熱の家づくりとは?

とあるデータによれば、夏の死亡率と冬の死亡率を比べた場合、栃木県は全国で一番死亡率が高いという、不名誉な結果があります。
その対策方法はいくつかありますが、長生きするために一番効果的なこととは、快適なお家に住むこと、というのをご存じですか?
快適な生活を送るお家を建てるために重要となるのが、住まいの断熱性能を良くすること。
ただ、断熱性能についてはさまざまな意見があり、結局は何がよいのか分からなくなってしまう方も多いようです。

断熱性能を示す数値「UA値」とは?

断熱性能を示す数値として、「UA値」があります。
温められた(冷やされた)空気が、家の外に逃げていってしまう値(の平均値)を指す言葉です。この数値は、小さければ小さいほどよいといえます。
UA値は、次の計算式で求められます。

UA値(外皮平均熱貫流率)=単位温度差当たりの総熱損失量÷外皮表面積

また、UA値は地域ごとに基準値が異なります。

地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
UA値基準値 0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87

栃木県は市区町村によって、3地域・4地域・5地域に分かれています。つまり、それぞれ基準値が異なるため、その地域に合わせた断熱性能が必要になります。

全国を回って断熱性能を研究した結果…

宇都宮市の注文住宅で北海道の断熱性能を研究
宇都宮市の注文住宅で沖縄の断熱性能を研究

エスホームでは、寒い地域の代表として、北海道の帯広や札幌、函館の住宅会社を見学し、どのような家づくりをしているのか研究しました。
それら寒冷地で建てられていたお家の構造は、エスホームで開発した断熱工法と、基本的には同じでした。
また、暑い地域の代表として、沖縄の工務店にも見学に行きました。そこで、暑い家づくりを研究してきました。
その結果分かったのは、ただ単に断熱性能を上げればよいわけではない、ということです。

断熱性とコストを比べることが大切です

宇都宮市の注文住宅は断熱性とコストを比べることが大切

断熱性能を上げようとすればするほど、当然のことながら建設コストが上がってしまいます。
すると、「特別な方」しかお家を建てられなくなってしまうのです。
エスホームは、そのような家づくりを目指していません。
そこで当社では、断熱性能とコストを比較しながら研究し、コストがそれほど高くなくても高い断熱性能を持つ家づくりを行うことができるようになりました。
断熱材には、高性能住宅で多く使われている「外張り断熱材ネオマファーム」を採用。ネオマファームは基本性能が高く、お客様にも「快適です」と喜ばれています。
もちろん、もっと断熱性能を上げたいというご希望に応じた家づくりも可能性です。

その秘訣は、間取りです。
エスホームでは、間取りを工夫することによって、快適性を上げることにも成功しています。
断熱性能を高くすることも必要ですが、そもそも間取りがそれに適応していなければ意味がありません。
エスホームでは、快適に住めるお家になるように、間取りからアドバイスをさせていただきます。
快適なお家には、断熱性能と間取り、この2つが大切なのです。

断熱性能の計算を社内で行っているエスホームへご相談ください

宇都宮市で断熱性能の計算を社内で行う注文住宅づくり

断熱性能の計算は、ここ数年で複雑かつ難解なものになってきました。
そのため、社内で断熱性能の計算に対応できず、外注する会社もあるようです。
しかし、そのようなことでは、本当に効率的な設計ができるかどうかは疑問です。
外注費用だけでも、数十万円かかってしまいます。

エスホームでは、この断熱性能の計算を社内で行うことにしています。
高価なプログラムを導入し、また講習会にも参加して、効率的な家づくりができるように技術を磨いています。
断熱材の選び方や利用法、どうすればコストを下げることができるのか。エスホームは多岐にわたる検討から、お客様にとって最適なご提案をさせていただきます。