資料請求
お問い合わせ

エスホームがつくる「松尾式全館冷暖房システム」の家

宇都宮市の注文住宅の断熱性能コスト

エスホームでは、コストを抑えつつ、快適かつ地震に強い高性能な家づくりをお約束します。
そのために、“松尾設計室”が提唱している「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」ノウハウを、積極的に取り入れています。

実は、全館冷暖房システムは世の中に多くありますが、以下のような不安があります。

  • 価格が高く、建築コストが大幅に上がってしまう・・
  • オリジナルのシステムのため、汎用性がなく将来のメンテナンスが不安・・
  • 思ったよりも光熱費が抑えられない・・

これらの問題をすべてクリアするのが、「松尾式全館冷暖房システム」です。

当社が手掛ける注文住宅では、こちらのシステムをお勧めしております。
その特徴を、具体的に解説しましょう。

小屋裏冷房と床下エアコン暖房

一家に1台だけで家全体が涼しい「小屋裏エアコン冷房」

「小屋裏エアコン冷房」とは、屋内の最上部にあたる小屋裏に、エアコンを1台設置して冷房にし、この冷気をファンで全館に送るシステムです。
小屋裏にエアコンを設置しますので、通常はエアコンの存在を感じることもありません。常に、朝も昼間も夜も快適な生活環境を実現します。
全館冷暖房だと電気代を心配されるかもしれませんが、1ヶ月の冷房代が4,000〜5,000円内に収まるご家庭がほとんどです。この電気代はリビングだけではなくて、寝室や子供部屋まで快適になるように冷やした金額です。

家全体の床が暖かい「床下エアコン暖房」

「床下エアコン暖房」とは、1階の床下を利用して家全体を暖かくするシステムです。今までの暖房では「リビングは暖かいけれど廊下に出ると寒い」というのが当たり前でした。松尾式全館冷暖房では、床下を利用してリビングやキッチンだけではなくて、隣の和室、洗面脱衣所、トイレも含めて家中を1台のエアコンで温めるので、各部屋間の温度差が少なくなります。部屋だけではなくて、床もほんのり温まりますので、足が冷え性の女性でも気持ちよく過ごすことができます。
温度差が少なくなるということは、快適というだけではなくて健康的な生活を送ることができることにもなるのです。

エアコンは、一般に販売されている普及品を利用するので安心

松尾式全館冷暖房で利用する設備は、どれも一般的な物です。エアコンも電気量販店で利用しているものを採用しています。実は、ここがポイントなのです。量販店で販売されているエアコンのため、導入コストが安くなります。将来のメンテナンスもコストを抑えることができるのです。
一般的な全館冷暖房の場合、特殊な設備を使う会社がほとんどです。設備だけで100万円とかしてしまいます。そして、機械設備の寿命は10年くらい、将来絶対に壊れます。その毎に、設備代や施工費用に100万円以上の出費が必要となっては安心できませんね。
松尾先生は将来のメンテナンスも考えて、一般的なエアコンを採用することを重要視しているのです。

ここに書いた冷暖房システムの方法はとってもシンプルで簡単に思えるかと思います。しかし、形だけ真似してうまくいかなかった工務店の話も松尾先生はよく聞くのだそうです。失敗がないように、しっかりとした知識を得て施工するためにも、松尾式全館冷暖房システムを採用しています。

太陽に素直な設計 冬の日射取得と夏の日射遮蔽

冷暖房システムの効果を高め、冷暖房コストを最大限抑えるため、太陽熱を上手に利用した間取りを提案しています。

冷暖房効果を高めるために必要な視点が、「熱収支」です。冬は日射を多く取り入れ、夏は逆にそれを遮る設計が必要なのです。

南に面する壁の窓を、耐震性に問題がない範囲で大きくとり、夏の日差しを遮るためにちょうど良い長さの庇をつけます。
一方で、東西北面の窓はできるかぎり小さくしていくなどの工夫をしています。

つまり、冷暖房費は、設計の段階である程度コントロールできるのです。
このコストがかかってしまう家というのは、設計の段階で何も考えていなかったということになります。

木造でも鉄骨造でも〇〇工法でも、耐震等級3が合格ライン

建築基準法における一般住宅の耐震性能は、耐震等級1です。
耐震等級1の住宅というのは、「関東大震災時の東京、阪神淡路大震災時の神戸で観測された地震の揺れに相当」し、耐震等級3は、それらの1.5倍の力が発生する地震に対しても倒壊しない強度になります。
松尾先生がすすめているお家は、「耐震等級3」の家です。それも、構造計算に許容応力度を利用します。

「耐震等級3」と言っても「品確法の耐震等級」と「許容応力度計算を用いた耐震等級」の2種類があります。エスホームでは、標準で「品確法の耐震等級3」相当を基準にしていますが、松尾先生は「許容応力度計算を用いた耐震等級3」を標準で利用することを薦めています。「許容応力度計算」とは「品確法」の構造計算より複雑で、柱や梁にどのくらい力がかかるかまで求めていくので安全率が高くなります。

「耐震等級3」の家

阪神大震災の地震波で、シミュレーションした実験があります。
シミュレーションは、京都大学生存圏研究所の中川貴文氏が開発した、「wallstat」という木造軸組構法住宅を対象とする数値解析ソフトウェアで行いました。
これは、京都大学生存圏研究所、国土交通省国土技術政策総合研究所、国立研究開発法人建築研究所、東京大学大学院での研究成果を元に開発されたソフトウェアです。

耐震等級1の強度を1とした場合、強度0.5~2.0までの16段階の家をそれぞれつくり、阪神大震災の地震波で揺らしてシミュレーションしました。
その結果、最後に残ったのは強度が1.5~2.0までの6棟だけでした。つまり、耐震等級3レベルの強度より耐震力が弱かった家は、すべて倒壊したということです。

出典:耐震性能見える化協会「16 wooden houses with different shear wall strength, wallstat movie」

大きな地震に耐えるためには、少なくても耐震等級3レベルの強度が必要になると考えています。

松尾設計室の松尾先生のご紹介

松尾和也先生

松尾先生は、全国に「健康で快適な省エネ住宅を経済的に実現する」ノウハウを広げるため、全国の工務店、延べ6000社以上に指導や講演を行っています。

著書「エコハウス超入門」・「本当は安いエコハウス」など多数。

松尾設計室の松尾和也先生は、YouTubeでも様々な情報を提供しています。
ご興味を持たれた方は、YouTubeチャンネルをご覧ください。
https://www.youtube.com/channel/UCMzddq7FBK8DiP9-KPzhj9Q

また、ホームページはこちらです。
https://matsuosekkei.com/staff/#matsuo

エスホームでは、コストを抑えつつ、快適かつ地震に強い高性能な家づくりをお約束しています。
これを実現するため、上記のように、松尾先生の指導のもと “松尾設計室”が提唱しているノウハウを、積極的に取り入れています。